例えば会社の経営が傾いて借金した、病気になり治療費が必要になった、連帯保証人になって借金の肩代わりをしなければいけなくなった・・などなど借金を作った理由は、人それぞれですよね。 借金の問題を解決するには、債務整理という方法を取るのが一般的です。 債務整理には自己破産や任意整理、個人再生などがあります。 でも、借金をした理由が浪費の場合、債務整理できるのか心配になってしまいませんか? パチンコや競馬などのギャンブル、またブランド品や宝飾品の購入、海外旅行へ頻繁にいったなど浪費による借金の場合、 自己破産では免責が下りず借金を整理する事ができないケースもあるようです。 では、浪費による借金の場合、債務整理できないのかというと、そういう訳ではありません。 任意整理は裁判所を通さず弁護士や司法書士が、直接債権者とやり取りをするので浪費による借金も、問題なく整理する事ができますよ。 ただし任意整理は自己破産のように、全ての借金がゼロになるという事はないので、その点は注意しましょう!